【注意】カマグラゴールドの副作用・併用禁忌薬

カマグラゴールドはお薬なので、副作用併用禁忌薬があります。
通販で買うカマグラゴールドには処方せんが付いていないため、健康上気にすべき副作用や併用禁忌薬は自分で調べて知っておかなければいけません。

ここではカマグラゴールドを飲む前に知っておきたい副作用・併用禁忌薬についてまとめました。

カマグラゴールドを飲むと起こりうる副作用

カマグラゴールドの副作用

カマグラゴールドを飲むことで発現する可能性がある副作用をチェックしましょう。

・頭痛
・顔のほてり
・めまい
・消化不良
・動悸・胸の痛み
・鼻炎
・関節痛
・発疹
・目の充血
・視覚異常
・熱感

この中で特に多い副作用は頭痛や顔のほてりです。

これらの症状は、シルデナフィルによる急速な血流改善作用が原因で起こります。
血のめぐりが急激に良くなることで神経が刺激され、頭痛となってあらわれやすくなるのです。
また体温が上昇して顔が赤くなるのも血流改善が原因です。

2~3時間程度経つと副作用は徐々に治まるので、安心してくださいね。
薬を飲んでいる間は血圧が低くなっているので、めまいやふらつきなどが起こりやすくなっています。
症状が重いと感じた場合は無理せず、十分に体を休めて様子を見ましょう。

まれに強い副作用が起きることも…

リスクは低いですが、強い副作用が出ることもあるので覚えておきましょう。

・低血圧
・高血圧
・不整脈
・記憶力の低下
・不眠症
・呼吸障害
・心筋梗塞
・持続勃起
・視力低下

カマグラゴールドは下半身周りの血管を中心に変化をもたらすお薬なので、特にペニスや心臓、呼吸器などに負担をかけてしまう恐れがあります。

また症例は少ないですが、視力低下や視覚異常など、視覚にも影響を与えるリスクがあることを知っておきましょう。

カマグラゴールドはお薬なので、重度な副作用が起こるリスクはゼロではありません。
症状をしっかり頭に入れておき、服用を検討してくださいね。

カマグラゴールドの併用禁忌薬

カマグラゴールドの併用禁忌薬

カマグラゴールドの併用禁忌薬を知っておきましょう。
すでにお薬を飲んでいる方は、当てはまるお薬がないかチェックしてください。

 

・硝酸剤およびNO供与剤(ニトログリセリン・亜硝酸アミル・硝酸イソソルビドなど)
・アミオダロン塩酸塩(アンカロン錠)
・sGC刺激剤
・リオシグアト(アデムパス)

 

狭心症・心筋梗塞を治療する硝酸剤やNO供与剤などの心臓病関連のお薬は、シルデナフィルの効き目をさらに増強させ、体を危険な状態にさせてしまう恐れがあります。

特にニトログリセリンは血管拡張作用があり、全身の血流を良くする働きが。
シルデナフィルにも同様の作用があるため、急激な血管拡張と血圧低下を引き起こして体の大きな負担となります

他の3つのお薬も動脈の拡張作用があるため、併用すると血圧を著しく下げる危険があるため、絶対に併せ飲みしてはいけません。

カマグラゴールドの併用注意薬・食品

カマグラゴールドには併用注意薬と食品があります。

併用注意薬
・チトクロームP450 3A阻害薬・誘導薬
・降圧剤
・α遮断剤
・カルペリチド

併用注意薬は、併用禁忌薬ほど危険性は低いものの、服用前に専門医と相談するべきお薬です。
併用注意薬はカマグラゴールドの効き目を強めるか、かえって効き目を打ち消してしまう可能性が考えられます。
薬の強さや量によってリスクはそれぞれ異なってくるので、心配な方は主治医に相談しましょう。

注意すべき食品
グレープフルーツ

グレープフルーツは、「フラノクマリン酸」という成分がシルデナフィルの分解を遅くしてしまう働きがあります。
シルデナフィルの分解が遅くなると、血中濃度が高まって副作用が強く出てしまうので、安全に使うなら併せて摂るのは避けるべきでしょう。

すでにお薬服用中の方は特に注意

カマグラゴールドを服用する際に気をつけたい副作用・併用禁忌薬についてお話ししました。

お医者さんからの説明がないぶん、自分で調べて理解しておくべき副作用・併用禁忌薬。
特に、すでに病気療養中で特定のお薬を服用している方は注意しましょう。

副作用は時間が経つと落ち着くのが普通ですが、症状が持続する、重い症状が発現するといった特殊なケースも稀に存在します。
そうしたケースを頭に入れておき、万が一のリスクを理解したうえで服用しましょう。