どうしてカマグラゴールドがいい?国産ジェネックと比べてみた

通販できるバイアグラのジェネリック医薬品として、知名度・人気ともにNO.1のカマグラゴールド

国内の医療機関でもジェネリックを購入できるのに、どうしてインド製のカマグラゴールドが選ばれているのか?
ジャパンクオリティに対する厚い信頼感があるなかで、あえて海外製品を選ぶ理由とは?

日本製のバイアグラ・ジェネリックと比較して、カマグラゴールドの魅力を探っていきましょう。

日本で作られているバイアグラ・ジェネリック

カマグラゴールドが選ばれる理由は?

2013年にバイアグラの特許が満了して以来、世界中のさまざまな製薬会社がジェネリックの製造・販売を開始。
日本でも多くのジェネリックが商品化され、ED患者の医療費負担の軽減に役立てられています。

シルデナフィル錠+メーカー名で商品名になっているのが、国内で流通している医薬品の特徴。

企業名 商品名 特徴
東和薬品 シルデナフィルOD錠 50mg VI 「トーワ」 白色、円形
キッセイ薬品 シルデナフィル錠 25mg VI 「キッセイ」 青色、円形
陽進堂 シルデナフィル錠 50mg VI 「YD」 青色、楕円形
富士化学工業 シルデナフィル錠 50mg VI「FCI」 青色、ひし形

東和薬品の「トーワ」は口内崩壊錠でラムネ菓子のように溶けやすく、水なしで服用可能です。

金額は病院やクリニックによってまちまちですが、25mgの相場は1錠650円前後で50mgは1錠1,000円前後。
先発薬のバイアグラと比べ、数百円ほど安くなっています。

通販する価値アリ??カマグラゴールドを選ぶ理由

日本製のジェネリックでも多くの選択肢があるなかで、カマグラゴールドがイチオシな理由は大きくふたつ。

・ED治療にかける費用を節約できる
・薬の購入において物理的な手間を省ける

EDになっても充実したセックスライフを続けるためには、どうしても費用がかさみがち。
いくつもある商品のなかから選ぶときに、コストパフォーマンスは重要なポイントとなるはずです。

とことんコスパがいい

カマグラゴールドと国産のバイアグラ・ジェネリックの価格を比較してみました。

カマグラゴールド 1錠あたりの量 シルデナフィル錠
販売なし 25mg 650円
367~462円 50mg 1,000円
367~462円 100mg 販売なし

バイアグラ・ジェネリックとして同じ成分でできている商品でありながら、カマグラゴールドの方が非常にリーズナブル。

外国人向けに作られているカマグラゴールドは有効成分の用量が多く、日本製品にはない100mg錠が存在するのも大きな魅力です。
従来のバイアグラ系商品では効果がイマイチだったという人はもちろん、50mgで足りる人にも100mgがおススメです。

100mg1錠を半分に割って2分の1ずつ服用することで、コスパが2倍に
1回の服用にかかる費用を200円程度までダウンさせることが可能です。

通院ナシでOK

カマグラゴールドは日本未発売の医薬品です。
クリニックでは処方してもらえないため、入手方法は通販のみ。
ネットで薬を買うなんて・・と思いがちですが、スマホひとつでカマグラゴールドの購入が完了してしまうってかなり便利なこと。

日本製のジェネリックが欲しいと思ったら、泌尿器科やメンズクリニックへ足を運んで診察を受けなければいけません。
仕事やプライベートで多忙な男性にとって、コンスタントに通院を続けることがストレスになってしまうケースも。

「自信をもってセックスに臨みたい」そのために、多大な労力をはらう必要はないと思いませんか?

カマグラゴールドなら24時間いつでも注文できて、自宅に届けられるのを待つだけ
ED対策は、手軽に安く済ませちゃいましょう。