お酒好きは要チェック!カマグラゴールドとアルコールの関係

ED男性の中にはお酒好きな人もたくさんいるでしょう。
そこで気になるのが、お酒とカマグラゴールドを一緒に飲んでもいいのどうかという事。
毎日晩酌をしている人であればなおさらチェックしておかなければならないですね。
今回はカマグラゴールドとお酒の関係性について説明していきましょう。

お酒とカマグラゴールドを一緒に飲んでもいい?

お酒とカマグラゴールドを一緒に飲んでもいい?

カマグラゴールドは医薬品です。
基本的に医薬品とお酒を一緒に飲むのは好ましくはありません。

カマグラゴールドには、血管を拡張させて血行を促進する効果があります。それによってペニスの回りの血管が広がり、たくさんの血液をペニスに集中させ勃起が可能になりますが、この血管拡張作用というのはペニス周辺だけでなく、全身に及びます。
アルコールも同様の作用があり、お酒を飲むと顔が赤くなったり、体が熱くなるのは血管拡張作用によって血行が促進されるためです。
カマグラゴールドとお酒をあわせると、血管拡張や血行促進作用が増強され、普段よりもアルコールの回りが早くなってしまう可能性があります。
この程度なら酔わないだろうという量であっても、べろんべろんになってしまうかもしれないのです・・。

カマグラゴールドの効果を存分に発揮できない!?

べろんべろんになってしまっては、セックスどころではなくなってしまいます。

期待していたパートナーもガッカリしてしまうでしょう。その他、このような事態となる可能性も。

神経伝達が麻痺!

EDでない健康な男性でも、酔っぱらうと勃起しづらくなります。
これは脳から勃起の指令を伝える役割を持つ伝達神経が麻痺状態となるためです。
EDの症状がでているのに、酔いが回りすぎるとより勃起が難しくなるのは想像できますよね。カマグラゴールドを飲んでいるから大丈夫なのでは?と考えるかもしれませんが、酔いすぎは薬の効果を大幅に下げる原因となります。

低血圧を招くおそれ!

カマグラゴールドとお酒Wの血管拡張作用によって、血圧低下によるふらつきが出る可能性があります。本来、それぞれ別で摂取していれば問題のないものですが、二つを掛け合わせる事で低血圧のリスクが高まるでしょう。
もともと血圧が低い人は注意が必要です。

副作用が強く出てしまう

血管拡張作用が増強してしまうと、頭痛や鼻詰まりといったカマグラゴールドのよくある副作用症状の度合いが強くなる可能性があります。
カマグラゴールドの副作用は、薬の効果で血管が広がり、血液の流れが増幅するために起こりやすくなります。その作用がさらに強まると、普段は感じなかった、あるいは軽かった副作用の症状に悩まされる事になるのです。

その他の副作用症状はコチラ

適度な量であればリラックス効果も

適度な量であればリラックス効果も

しかし、少量のお酒はリラックス効果があるため、ED症状に有効となる場合も。
とくに精神的な事が原因で起こる心因性ED男性は、セックスに対してプレッシャーや緊張を和らげるためにお酒を少し飲んであげると、心がほぐれて行為に臨みやすくなります。
カマグラゴールドにはリラックス作用はないため、ほんの少しお酒の力を借りて上手くいく場合もあるでしょう。
ただし、やはり量には注意が必要です。
もしもカマグラゴールドと一緒に飲む場合は、お酒の量を普段よりも減らすようにしてください。